あなたのような読者が MUO のサポートを支援します。 当サイトのリンクを使用して購入すると、アフィリエイト手数料が発生する場合があります。 続きを読む。

メタバースの可能な用途は、信じられないほどエキサイティングなコンセプトになりますが、テクノロジーの世界では何でもそうであるように、その使用を制御するために実行する必要があることがあります。 メタバースの安全機能は、ユーザーを保護するために慎重な検討と開発が必要です。 では、真に安全なメタバースには、特にどのような安全機能が必要なのでしょうか?

1. 規則と規定

仮想世界に必要なものを 1 つ挙げるとすれば、それは規則と規制です。 メタバースが現実の世界と同じように機能し、人々が仮想的にやり取りし、資産を売買し、社交イベントに参加する場合、ユーザーが存在しなければならないパラメーターがあることが重要です。 管理されていない世界という考えは刺激的に聞こえるかもしれませんが、厄介なユーザーは他のユーザーに問題を引き起こし、特定のサービスやゲームを安全に使用できなくすることさえあります.

関連: メタバースが私たちの働き方を永遠に変える方法

これが、メタバース内のすべてのスペースでガイドラインとルールに優先順位を付ける必要がある理由です。 暴言、窃盗、ユーザーのなりすまし、およびその他のサイバー犯罪に関するパラメータは、メタバースがワイルド ウェスト型の環境になるのを防ぐために不可欠です。 各メタバース スペースには独自のガイドラインがありますが、ユーザーがこの新しいテクノロジを利用できないようにするために、すべてのメタバース プロジェクト間で一連のルールを共有する必要があります。

また、メタバース内の広告主がユーザーを圧倒し、不快な環境にならないように、ルールを設定する必要があります。 繰り返されるポップアップやスポンサー付きコンテンツは、非常に苛立たしい経験になる可能性があるため、ルールを順守する必要があるのはユーザーだけではなく、企業も順守する必要があります。

2. ユーザー保護

オンライン プラットフォームの最も重要な部分の 1 つはユーザーであり、これはメタバース内でも当てはまります。 現実世界と同様に、この仮想世界でもユーザーの保護が最優先されなければなりません。 このような保護にはさまざまな形がありますが、ユーザーに適切なレベルのプライバシーとセキュリティを提供することは、リストの一番上にある必要があります。

これに加えて、ユーザーは、別のユーザーが自分に対して不適切な行動をとった場合、または動揺したり心配したりする何かが起こった場合に報告できる必要があります。 このようにユーザーが苦情を申し立てることができるようにすることで、メタバースの安全機能が向上する可能性もあります。

メタバース内の企業は、ユーザーを虐待行為から保護する方法をすでに開発しています。 たとえば、ユーザーのアバターが互いに 2 フィート未満離れないようにする Meta の Personal Boundary 機能は、身体的虐待の試みを防ぐのに役立つ可能性があります。

しかし、これは、ユーザーが効果的にメタバースに入るときにユーザーを保護するために必要な対策のほんの始まりにすぎません。 このスペースは、ユーザーの脆弱性を利用しようとする捕食者やその他の犯罪者の標的になる可能性があるため、開発者はユーザーの安全を第一に考える必要があります。

3. 適切な罰則

ユーザーがメタバース内で不正行為や犯罪を犯した場合は、適切な罰則を適用する必要があります。 しかし、現実世界から仮想世界に移行すると、これは少し難しくなります。

関連:メタバースにすでに住んでいる方法は次のとおりです

仮想犯罪が実際の犯罪と同じであると見なすことができるかどうかを判断するのは難しいため、メタバース内の犯罪のアイデアは長く議論されてきました. たとえば、メタバース内のユーザーが別のユーザーに対して非常に不適切な行動をとり始めたとします。 これは暴言や嫌がらせなどを意味する可能性がありますが、実際の生活と同じと見なすことができますか?

もちろん、ユーザーがオンラインで言葉による虐待を行っている場合、これはいずれにしても完全な言葉による虐待と見なすことができます。 しかし、ユーザーがメタバース内で別のユーザーのアバターに忍び寄ったり嫌がらせをしようとした場合、これは実際の犯罪と見なされるのでしょうか? もしそうなら、どのような罰則が与えられるべきですか? そうでない場合、ユーザーに対する代替の罰は何ですか? 繰り返しますが、これは、メタバースの立法者と規制当局が手に負えなくなる前に決定する必要があるものです.

4. ユーザーの識別

最近では、個人がオンラインで非倫理的なことを行い、関係当局がそれらを特定できないため、その影響を回避するのは少し簡単すぎます. ユーザーが VPN 経由でメタバースにアクセスしている場合、ユーザーが規則に違反したり犯罪を犯したりしたときに、そのユーザーを特定することはさらに困難になります。

このため、メタバースへのアクセスを許可する前に、ユーザーが ID を確認できる方法が必要になる場合があります。 ユーザーが身元を隠していないことを確認するために、パスポートの写真、出生証明書、運転免許証、または同様のものが求められる場合があります。

これは、メタバース内での個人情報の盗難を防ぐのにも役立つ可能性があります。 メタバース内でのユーザー ID の保護は最優先事項であるため、アカウントとアバターを作成するときに身元を証明するよう誰かに要求することで、個人情報の盗難を大幅に減らすことができます。 未成年者がメタバース内の安全でない場所に立ち入ることができないように、ユーザーに年齢確認を求めることもできます。

5. 利用制限

誰かが自分の現実よりも楽しい仮想世界に入ることができるようになると、依存症がすぐに問題になる可能性があり、メタバースが精神的および身体的健康に与える影響について多くの人が疑問に思っています. 通常のオンライン ショッピング、ゲーム、社交の場で、私たちはまだ現実の世界にいることがよくあります。 しかし、新しい友達を作ったり、新しい商品や土地を購入したり、ある意味で新しい生活を送ったりできる別の現実に没頭することは、制限を設けないと使いすぎてしまう危険性があります。

アクティビティ レベルが高くなりすぎた場合にメタバースの使用を完全に停止することは困難ですが、警告や提案を導入して、メタバースの使用時間が長すぎる場合にユーザーに通知したり、ユーザーが時間制限を設定できるようにしたりすることができます。 Instagram や YouTube などのアプリがすでに行っているように、その使用法。

メタバースは非常にエキサイティングですが、監視が必要です

要するに、ルールや制限なしでメタバースを開発すると、非常に短期間で面倒になる可能性があります。 ユーザーに楽しく自由な体験を提供することは重要ですが、メタバースを安全で持続可能な仮想空間にするためには、ユーザーを保護しながら不道徳な行動を防ぐことも同様に重要です。