ハウツー:AirPodsのダブルタップまたは長押しジェスチャーをカスタマイズして、より便利にする

AirPods は、iPhone でオーディオを聴くのに最適な方法であるだけでなく、Siri を起動して、簡単なジェスチャーで音楽をコントロールするのにも最適な方法です。 デフォルトのアクションが探しているものと異なる場合は、簡単に変更でき、AirPod ごとに異なるアクションを実行できます。

すべての Apple AirPods モデルで、タップまたはプレス ジェスチャを使用して、Siri を起動したり、音楽を再生および一時停止したり、トラックを前後にスキップしたりできます。 通常の AirPods モデルでは、どのデバイスがどこで動作するかをカスタマイズできますが、AirPods Pro ではできません。 ただし、Pro モデルでは、ジェスチャーベースのノイズ コントロール モードをカスタマイズできます。

注: Android ではなく、iOS でのみジェスチャのアクションを変更できます。

ステップ 1: AirPods の設定を開く

AirPods のアクション ジェスチャのカスタマイズを開始するには、設定アプリを開き、[Bluetooth] を選択します。 また、Siri に「Bluetooth 設定を開く」ように指示したり、ホーム画面の検索から開いたり、iOS 13 以降のコントロール センターからショートカットを使用したりすることもできます。

次に、設定を調整する唯一の方法であるため、AirPods が接続されていることを確認します。 名前の横に「接続済み」と表示されます。 そうでない場合は、ケースから取り出して接続します。 ケースに入れたままにして、ケースのふたを開けるだけでうまくいくはずです。 接続したら、AirPods の (i) ボタンをタップして設定に入ります。

How to Customize Your AirPods' Double-Tap or Long-Press Gestures to Make Them More Useful

ステップ 2: AirPods ジェスチャーをカスタマイズする

AirPods の設定では、次のことができます。名前を変更する、および自動耳検出を切り替えますが、他の設定に興味があります。 AirPods (第 1 世代)、AirPods (第 2 世代)、および AirPods Pro にはすべて、アクションを実行するために使用できるジェスチャーがあります。 AirPods ではポッドをダブルタップし、AirPods Pro ではポッドのステムを握ります。 それぞれにわずかに異なるカスタマイズ オプションがあります。

オプション 1: AirPods (第 1 および第 2 世代)

各 AirPod には異なるアクションを割り当てることができますが、1 つだけです。 [AirPod のダブルタップ] セクションで、[左] または [右] を選択して、いずれかのショートカットを次のオプションのいずれかに変更します。

  • シリ: 音声アシスタントを起動します。
  • 再生/一時停止: メディアを再生、一時停止、再開します。
  • 次のトラック: プレイリストやアルバムなどのトラックを 1 つ先にスキップします。
  • 前のトラック:プレイリストやアルバムなどで前の曲に戻ります。
  • オフ: AirPod でのダブルタップ ジェスチャを無効にします。

AirPods (第 2 世代) モデルをお持ちの場合は、「Hey Siri」と話しかけることで Siri を起動できるため、音声アシスタントでダブルタップ ジェスチャーの 1 つを無駄にしたくない場合があります。 選択したら、[設定] を終了できます。

How to Customize Your AirPods' Double-Tap or Long-Press Gestures to Make Them More Useful
How to Customize Your AirPods' Double-Tap or Long-Press Gestures to Make Them More Useful

オプション 2: AirPods Pro

AirPods Pro モデルには、小さい兄弟にはない別のオプションがありますが、その追加オプションが唯一のカスタマイズ可能なジェスチャです。 それに到達する前に、まず、メディア再生コントロールは固定されており、各 AirPod のステムに組み込まれた力センサーで、ダブルタップではなく、プレス ジェスチャを使用します。

  • 再生/一時停止: メディアを再生、一時停止、再開します。 ステムを 1 回握るか、力センサーを 1 回押します。
  • 次のトラック: プレイリスト、アルバムなどのトラックを 1 つ先にスキップします。ステムを 2 回握るか、力センサーを 2 回押します。
  • 前のトラック: プレイリスト、アルバムなどの前のトラックに戻ります。ステムを 3 回握るか、力センサーを 3 回押します。

現在、各 AirPod のステムにある力センサーを長押しするジェスチャがあり、2 つのいずれかを行うことができます。 また、各 AirPod には異なるアクションを割り当てることができますが、1 つだけです。 [AirPod を長押し] セクションで、[左] または [右] を選択して、いずれかのショートカットを次のオプションのいずれかに変更します。

  • シリ: 音声アシスタントを起動します。
  • ノイズコントロール: 1 つのノイズ コントロール モードを有効にするか、2 つのモードを切り替えます。 「ノイズキャンセリング」は外界の音を遮断し、「トランスパレンシー」は外界の音を許容します。 1 つまたは両方を選択できます。 両方の場合、1 回の長押しでノイズ キャンセリングが有効になり、もう 1 回で透明度が選択されます。 「オフ」にすると、AirPod でのプレス アンド ホールド ジェスチャが無効になります。
How to Customize Your AirPods' Double-Tap or Long-Press Gestures to Make Them More Useful
How to Customize Your AirPods' Double-Tap or Long-Press Gestures to Make Them More Useful

ジェスチャー アクションのカスタマイズは、AirPods を微調整してパーソナライズする方法の 1 つにすぎません。 設定アプリから、次のこともできますAirPods の名前を変更する、自動耳検出を切り替え、AirPod のマイクを 1 つ無効にします。